BORN TO RUN 走るために生まれた~ウルトラランナーVS人類最強の”走る民族”
「走ることは自由でなきゃいけないのさ」

ここ最近走っていて「走っている!」と感じると
自由だ!!と楽しくなって走り過ぎることがある。
部活で走っていた時には無かった感覚だ。

 この本には、走りたいから走るというランナーが多く出てくる。
走ることが楽しくて仕方ないといった感じだ。
そして、その楽しさを本書で目の当たりにするシーンは最高だ。

100マイルレース レッドビル・トレイル100 (95キロ地点にて)
「誰もがあの坂を歩くのに」
「誰もがだ。誰も笑っちゃいられない」

100マイルレース後半は本当笑えない。
自分が何故こんな事しているのか分らなくなる。苦行としか思えない。
これは目的がレース完走やタイムを争っていたからだと思う。
その為、笑えるのはタイム内にゴールした瞬間のみだった。

走ることで笑うためには?
走ることが目的であることだ。走ることが喜びになることだ。
子供は楽しくなると走り出す。全力で。走りたいから走る。

走ることが目的となること
「走る」と「楽しい」が結び付くことを、気づかせてくれた一冊。
芝生を裸足で走ると最高に楽しい。ぜひ試してもらいたい。

BORN TO RUN 走るために生まれた~ウルトラランナーVS人類最強の”走る民族”

BORN TO RUN 走るために生まれた~ウルトラランナーVS人類最強の”走る民族”

  • 作者: クリストファー・マクドゥーガル,近藤隆文
  • 出版社/メーカー: 日本放送出版協会
  • 発売日: 2010/02/25
  • メディア: 単行本
  • 購入: 16人 クリック: 207回
  • この商品を含むブログ (83件) を見る